イチケイのカラス原作ネタバレ!最終回結末の違いはどこ?

イチケイのカラス 原作 ネタバレ
Pocket

2021年のフジテレビ月9ドラマ「イチケイのカラス」が、4月5日から放送開始され、話題となっています。

「裁判官」という見知らぬ世界を一般人にもわかりやすくコミカルに描く法曹ドラマです。

堅苦しい内容なのかと思いきや、型破りな入間みちお裁判官(竹野内豊)の暴走により、法廷模様は一転、二転。

裁判がびっくりするような結果になってしまう回も多々ありました。

真面目な主人公・坂間美鶴(黒木華)が翻弄されるのも面白いのですが、彼らが今後どうなっていくのか、とても気になりますよね。

そこで本記事では「イチケイのカラス原作ネタバレ!最終回結末の違いはどこ?」と題し、ドラマ「イチケイのカラス」の原作のネタバレや、最終回がどうなるのかなどについて調べてみました!

 

イチケイのカラス原作ネタバレ!

ドラマ「イチケイのカラス」に原作はあるのでしょうか。

調べてみたところ、浅見理都さんの漫画『イチケイのカラス』が元となっているようです。

雑誌モーニングで連載されていたのですが、すでにコミックス4巻で完結しています。

裁判官を主人公とした漫画は珍しいですね。

毎週放送されるテレビドラマでは、今回のような刑事裁判官ものは初めてなのだとか。

そんな『イチケイのカラス』ですが、原作とドラマには大きな違いがありました。

詳しくみていきましょう!

 

イチケイのカラス原作とドラマの違い

ドラマと原作の大きな違いは、主人公たちのキャラクター変更です。

ドラマでは破天荒な裁判官・入間みちお(竹野内豊)に、新任の堅物裁判官・坂間千鶴(黒木華)が振り回されるという構図です。

しかし原作では坂間千鶴はおらず、坂間真平になっています。

原作漫画の主人公・坂間真平が、ドラマだと女性になりヒロイン役として登場する形です。

原作の坂間真平が好きだった人からみると残念な変更かもしれません。

 

ドラマ版のあらすじは?

「イチケイのカラス」のドラマ版はどのような内容なのでしょうか。

簡単にみていきましょう。

あらすじ

東大卒の真面目なエリート・坂間千鶴(黒木華)は、東京地方裁判所第3支部第1刑事部(略してイチケイ)へ特例判事補としてやってきます。

坂間は「事件の処理件数を上げること」を目標に掲げますが、先輩の入間みちお刑事裁判官(竹野内豊)は事件の処理にスピードを求めません。

ひとつひとつの事件を丁寧に調査し、わからないことがあればとことん追求していく、そんな入間に反発を覚える坂間。

ある事件の合議制公判で、入間は事件の不明点を確かめる必要があるとし、捜査権を発動して周囲を驚かせます。

自ら捜査に乗り出す裁判官に、坂間は振り回されるのですが……!?

 

大まかな流れは原作と変わりなく、主人公の設定のみがドラマでは違っているみたいです。

 

イチケイのカラス最終回結末の違いはどこ?

「イチケイのカラス」のドラマと原作で最終回にどのような違いがあるのでしょうか。

ドラマはまだ放送されていないので不明ですが、原作はすっきりとした終わりになっています。

最終巻では、教師への暴力事件が和解・解決します。

その後、坂間は中学生の裁判所見学で「人を裁くことは怖くありませんか?」と質問され、こう答えます。

「緊張感もあるし、とても地味な仕事です。でも、自分にとっては面白い仕事ですよ」ドラマや原作の初回で同じような場面があったのですが、その時とは答えの内容が変わっています。

坂間が成長したことが窺える終幕です。

 

ドラマ「イチケイのカラス」の見どころ

ドラマ版の見どころは、なんといっても豪華な俳優陣ではないでしょうか。

竹野内豊さんをはじめ、黒木華さん、小日向文世さんなど、連続ドラマの主役級が多く配されています。

新田真剣佑さんが坂間千鶴(黒木華)に恋する書記官を演じているのも見どころです。

どちらかといえば坂間千鶴は入間みちおに惹かれそうですが、はたしてどうなるのでしょうか。

個人的には、検事役で山崎育三郎さんが出演しているのもうれしいです。

 

イチケイのカラスはHEROに似ている?

「裁判」と聞くと、ドラマ「HERO」が思い出されます。

ちょうどフジテレビ月9枠なので、どこか似ていると感じた人も多いみたいです。

新田真剣佑さんの演技も話題です。

映画「るろうに剣心」で演じた役とまったく違う雰囲気に「さすがの演技力!」という声もみられますね。

かっこいいです♪

 

まとめ

「イチケイのカラス原作ネタバレ!最終回結末の違いはどこ?」について、ネタバレを含む原作の結末や、原作とドラマの違いなどをご紹介しました。

ドラマ「イチケイのカラス」には原作があり、全4巻で完結しています。

ドラマと原作では主人公の性別・設定に大きな違いがあり、ドラマの坂間千鶴は原作だと坂間真平にあたります。

大まかな流れは変わっていませんが、原作は4巻しかなく、ドラマ版にはかなりオリジナル要素が足されることになりそうです。

主人公が女性になったことで、坂間千鶴の恋愛模様も楽しめる内容となりました。

普段接することのない裁判官という不思議な仕事を覗き見ていると、「こうなっているのかぁ」と驚いてしまいますね。

入間みちお裁判官の破天荒な仕事ぶりに、これからも期待です!