ドラゴン桜矢島のその後の受験先は?原作では東大に浪人して合格した?

ドラゴン桜 その後 矢島
Pocket


2021年4月25日から、人気ドラマ「ドラゴン桜」の新シーズンが始まります!

「ドラゴン桜」は16年前の2005年に放送され、韓国でリメイクされるほど大人気になった作品です。

落ちこぼれの高校生たちを、弁護士の桜木(阿部寛)が東大へ入れるために猛特訓するという内容でした。

2005年のドラマでは、長澤まさみさんや小池徹平さん、山下智久さん、新垣結衣さんなど、そうそうたるキャストが生徒役として出演していました。

前作で彼ら全員が東大へ合格できたのか、内容を忘れてしまっている方も多いと思います。

そこで本記事では「ドラゴン桜矢島のその後の受験先は?原作では東大に浪人して合格した?」と題し、ドラゴン桜の矢島(山下智久)や、他の生徒たちは無事に東大へ合格したのか、矢島のその後などについてご紹介します。

 

ドラゴン桜矢島のその後の受験先は?

前作の「ドラゴン桜」で、矢島勇介(山下智久)は東大へ現役合格します。

受験したのは東大理科一類でしたが、結局入学せずに桜木(阿部寛)と同じ弁護士を独学で目指していきます。

矢島は特進クラスひとり目の生徒でした。

親の借金を抱えていたのですが、桜木に約300万円を借りるなどのエピソードもありました。

バンドのトランペットを吹いている姿が印象深い方もいらっしゃるかもしれません。

ドラゴン桜の他の受験者は合格した?

ドラゴン桜の他の受験者たちは東大へ合格できたのでしょうか。

ひとりずつみていきましょう。

奥野一郎(中尾明慶)は、東大理科一類へ見事合格、そのまま入学しました。

香坂よしの(新垣結衣)も、東大理科一類に合格し入学します。

残りの3名、小林麻紀(サエコ)と緒方英喜(小池徹平)、水野直美(長澤まさみ)
は不合格で、翌年の受験を目指しました。

>>ドラゴン桜1全員はどうなったかはこちら!

 

ドラゴン桜矢島のその後は原作では東大に浪人して合格した?

ドラゴン桜はドラマと原作漫画で内容がすこし違います。

ドラマでは矢島は現役合格するのですが、原作漫画では一浪後に東大へ合格しています。

その後、原作では官僚を目指しましたが、自分には向いていないとして辞めてしまいます。

それから世界を旅し、難民支援活動に携わったことが描かれています。

原作では長髪に髭を生やした姿のワイルドな姿で再登場していました。

 

ドラゴン桜2に山Pがゲスト出演する可能性は?

ドラゴン桜2に山下智久さんが出演する可能性はあるのでしょうか。

公式ホームページのキャスト名には、今のところ記載はありません。

また、前作・生徒役だった長澤まさみさんが出演予定なので、山下智久さんがゲスト出演する可能性は低そうです。

同じジャニーズ事務所の髙橋海人さんの出演もあり、ジャニーズの枠としても厳しそうですね。

再放送などで、過去の出演を観るほうがよいかもしれません。

>>ドラゴン桜1全話無料視聴方法はこちらから!2話の最新も!

 

ツイッターのみんなの反応

ドラゴン桜2への期待の声が大きいです。

平手友梨奈さんら人気若手俳優の演技も楽しみですね。

前作のドラゴン桜を見直している方も多いみたいです。

16年前なので、今とはだいぶ俳優さんたちの顔つきも変わっています。

若い頃の俳優さんの姿を見るのも楽しいですよね。

 

まとめ

「ドラゴン桜矢島のその後の受験先は?原作では東大に浪人して合格した?」をご紹介しました。

前作「ドラゴン桜」の矢島はその後、東大へ入学せずに独学で弁護士を目指していたようです。

原作漫画ではまた別の展開になっており、一浪してから東大へ合格、その後官僚を目指しましたが、向いていないと辞めてから世界へはばたいています。

本気で勉強し東大を目指したことで、いずれにしろ矢島の人生韓・考え方は大きく変わったようです。

新しく始まる「ドラゴン桜2」では、どのようなドラマが展開されるのでしょうか。

現代の「東大必勝法」もとても楽しみです。「ドラゴン桜2」の初回は25分の拡大放送です。

日曜日夜9時放送開始ですので、一緒に勉強するつもりで見てみましょう!