ドラゴン桜1ドラマの合格者は誰だった?その後も全員紹介!

ドラゴン桜1ドラマ合格者
Pocket


豪華な俳優陣の出演で話題となっているドラマ「ドラゴン桜2」が、2021年4月25日(日)から放送開始となりました。

落ちこぼれ高校生たちを辣腕弁護士の桜木が短期間で東大へ合格させるという内容で、16年前に放送されたときにもかなり話題となっていました。

ドラマ「ドラゴン桜2」は令和の時代にあわせて内容もリニューアルされています。

前作からの登場人物も複数出ているので、「ドラゴン桜1」の1話から最終回まで流れを知っておいた方がわかりやすいと思います。

そこで、本記事では「ドラゴン桜1ドラマの合格者は誰だった?その後も全員紹介!」と題し、16年前に放送されたドラマ「ドラゴン桜1」の東大合格者が誰だったのか、東大を受験した生徒たちのその後について詳しくご紹介します!

 

ドラゴン桜1ドラマ合格者を全員紹介!

前作の「ドラゴン桜1」は2005年に放送されました。

弁護士の桜木は、落ちぶれた私立龍山高校の立て直しのために教師としてやってきます。

桜木は東大合格を目指す「特進クラス」を設立し、5名の東大合格者を目標にすえました。

結果、以下の3名が東大へ合格できました。

・矢島勇介:山下智久

・奥野一郎:中尾明慶

・香坂よしの:新垣結衣

東大合格者たちが最終回その後どうなったのか、以下で詳しくみていきましょう!

 

ドラゴン桜1ドラマ合格者矢島勇介(山下智久)のその後

矢島勇介は特進クラスに入った1人目の生徒です。

熱心に勉強して見事、東京大学理科一類へ合格します。

しかし、矢島は結果的に東大へ入学しませんでした。

父親が残した多額の借金があり、経済的な理由で入学できなかったのです。

矢島はその後、独学で弁護士を目指します。

原作漫画では、矢島は高校卒業後に官僚になりました。

それから仕事が肌に合わず退職し、世界を放浪して難民の救援活動に携わったようです。

 

ドラゴン桜1ドラマ合格者奥野一郎(中尾明慶)のその後

ドラマドラゴン桜1では奥野一郎は特進クラスに入った6人目の生徒です。

双子の不仲な弟がおり、ともに東大を目指していました。

奥野は受験の前の日に弟から腐ったサンドイッチをもらい、お腹を壊してしまいます。

体調不良になりながらも見事に東大理科一類に合格し、入学しました。

一方弟は東大受験に失敗しています。

兄弟のその後については想像するしかありませんが、おそらく卑怯な手を使った弟は、自らの行いを引きずって生きたのではないでしょうか。

奥野一郎はやさしい性格なので、案外ふたりはうまく和解できたかもしれません。

 

ドラゴン桜1ドラマ合格者香坂よしの(新垣結衣)のその後

ドラマドラゴン桜1では矢島勇介の彼女で、矢島と同じ大学に行きたいからという理由で東大を受験しました。

派手なコギャルで、ぐれていた時期もある香坂ですが、熱心に勉強した結果、東大理科一類へ合格しました。

矢島勇介は東大へ入学しませんでしたが、香坂は「もっと色々知りたいから」と、東大で学ぶことを決めます。

その後については想像になりますが、一緒に入学した奥野一郎とともに楽しいキャンパスライフを送ったのではないでしょうか。

元レディースヤンキーだった香坂はかなり気が強く、東大でも活躍したかもしれません。

卒業後はキャリアウーマンになっていそうですね。

 

ドラゴン桜1最終回のその後ネタバレは?

ドラマ「ドラゴン桜1」の最終回はどうなったのでしょうか。

桜木は特進クラスから東大合格者5名を出すことを目標にしていました。

できなければ辞任すると公言していたため、桜木は教師を辞めることになります。

その後、龍山高校の理事長が3名の東大合格者について広く発表したことで、桜木のところへも問い合わせの電話がかかってくるようになります。

桜木は経営難に陥っていた龍山高校だけでなく、その後自身の弁護士としてのキャリアも高めることができました。

それでは、東大に落ちた他の受験生たちは最終回その後どうなったのでしょうか。

彼らの最終回その後についても調べてみました!

 

ドラゴン桜1最終回水野直美(長澤まさみ)のその後

特進クラス5人目の生徒だった水野は、東大受験中に母親が倒れ、試験を中断します。

結果、不合格になってしまいますが、それからも浪人し勉強を続けていました。

一年後の受験では見事東大へ合格し、弁護士となります。

その後、桜木の事務所へ弁護士として入った水野は、ドラマ「ドラゴン桜2」にも登場しています。

桜木が講師をすることになった龍海学園で、水野のその後の活躍を見ることができます。

 

ドラゴン桜1最終回緒方英喜(小池徹平)のその後

矢島勇介と仲がよく、矢島を追う形で特進クラスへ入りました。

バンドをやっていてお調子者ですが、父親はかなり厳しい人でした。

緒方は父親を見返すために東大を目指します。

最終的に東大は不合格でしたが、その後もあきらめずに浪人し受験勉強を続けます。

父親とは、不合格だったことを伝えた後に和解して、「頑張ったな」と褒められさえしました。

その後、緒方は再度の受験へ向けて勉強を進めつつ、後輩の特進クラス生への臨時講師として授業を行っていました。

 

ドラゴン桜1最終回小林麻紀(サエコ)のその後

「東大のアイドル」という肩書きが欲しくて特進クラスへ入りました。

結果は不合格。

しかし、翌年もあきらめずに東大にチャレンジしています。

その後、小林は理想どおりの人気タレントになり、東大にも合格することができました。

ドラマでは、緒方英喜と同様、その後は後輩の特進クラス生へ向けて臨時講師として授業を行っていました。

 

ドラゴン桜1最終回を観た人の感想

ドラマ「ドラゴン桜1」最終回が放送されたのは、今から16年も前のことです。

当時出演していた俳優さんたちもかなり若く、その後、現在とは異なる演技がみられます。

前作を視聴してみると、売れっ子俳優たちの若かりし頃が見られ、面白いです。

最終回まで観るとドラゴン桜2も1話からすべて観たくなるのは必須ですね。

ドラマ「ドラゴン桜1」には、山下智久さんや新垣結衣さん、長澤まさみさんなど、大物俳優もたくさん出演していました。

その後も小池徹平さんは今とさほど顔が変わっておらず、驚きです!

 

まとめ

「ドラゴン桜1ドラマの合格者は誰だった?その後も全員紹介!」についてご紹介しました。

ドラマ「ドラゴン桜1」で東大に合格したのは、矢島勇介、奥野一郎、香坂よしの、の3名でした。

残りの3人は残念ながら不合格でしたが、その後も彼らはあきらめずに翌年東大を受験し、思い通りの道へ進んでいったようです。

「ドラゴン桜1」に出演していた水野直美のその後は「ドラゴン桜2」で見ることができます。

水野直美は東大へ合格してから弁護士となり、桜木の弁護士事務所へ勤めていました。

「ドラゴン桜2」では、桜木とともに龍海学園へ講師として訪れています。

こうして振り返ってみると、たった1、2年で特進クラスのほとんどの生徒が格段に学力を上げ、東大へ合格したことがわかります。

彼らの成功の秘訣は何なのか、ますますドラマ「ドラゴン桜」シリーズから目が離せませんね!