リコカツロケ地1話雪山の場所どこ?出版社の撮影場所も紹介!

リコカツ ロケ地 雪山
Pocket

「離婚」というセンセーショナルな内容が話題となっている新ドラマ「リコカツ」。

いよいよ2021年4月16日の夜10時から、TBS系列で放送されます!

ドラマタイトルの「リコカツ」とは、離婚活動のこと。

雪山で電撃的な出会いを果たした主人公・水口咲(北川景子)と緒原紘一(永山瑛太)は、結婚から一夜にして離婚を決めるのですが、その展開がタイトルの元になっています。

本記事では「リコカツロケ地1話雪山の場所どこ?出版社の撮影場所も紹介!」と題し、ドラマのロケ地についてご紹介します。

主人公夫妻が出会った雪山の場所や、主人公が勤める出版社の撮影地、自衛隊基地、その他撮影場所についても調査しました。

ドラマが始まる前にぜひチェックしてみてくださいね!

 

リコカツロケ地の第1話、雪山の場所はどこ?

ドラマ「リコカツ」の第1話には雪山が出てきますが、公式ツイッターで福島県で撮影したことが公表されています。

「リコカツ」の主人公・水口咲(北川景子)と緒原紘一(永山瑛太)は雪山で出会います。

遭難した水口咲を、航空自衛隊員のエース・緒原紘一が救助し、ふたりは運命的な電撃婚を決めるのです。

ちなみに福島県は関東から高速バスで3~4時間の距離にあります。

春先の今でも、スキー場などにはまだ雪が残っているようです。

 

ドラマ「リコカツ」のロケ目撃情報も多数!

ドラマ放送日が近づくにつれて、撮影を目撃したという情報が関東近辺でも上がってきています。

2月末には、東京ソラマチで北川景子さんの撮影が行われたようです。

東京ソラマチといえば、夜にはデートスポットにもなる夜景の美しい場所。

電撃婚した主人公夫妻のプロポーズシーンなどが撮影されていたのかもしれませんね。

他にも、恵比寿でドラマのロケが行われていたようです。

 

出版社の撮影場所もご紹介!

ドラマ「リコカツ」の主人公・水口咲はファッション雑誌編集者という設定です。

水口咲の勤める出版社のロケにはどこが使われているのでしょうか。

また出版社だけでなく、水口咲の夫・緒原紘一の勤務先ロケ地も気になるところです。

緒原紘一は航空自衛隊員のパイロットという設定。

緒原紘一役の永山瑛太さんは、ロケのために自衛隊基地へ足を運んだことがわかっています。

それぞれどこで撮影しているのか調べてみました。

 

出版社

実際のロケ地はまだ明らかにされていませんでした。

しかしドラマのロケといえば、建物の外観だけを使い、撮影はスタジオというパターンも多いです。

たとえば、ドラマ「テセウスの船」や「恋はつづくよどこまでも」の撮影には、TBS緑山スタジオが使われました。

「リコカツ」の出版社や夫妻の新居にも、この緑山スタジオが使われている可能性は高そうです。

出版社の外観には、実際の大手出版社ビルが利用されるかもしれませんね。

 

自衛隊基地

緒原紘一は、航空自衛隊のエース隊員という設定です。

撮影には航空自衛隊が全面協力しています。

自衛隊公式(和歌山地方)がツイッターで撮影について言及しており、ロケ地は和歌山だと判明しています。

和歌山の自衛隊といえば、串本町にある分屯地が有名です。

「航空救難団」はあまり馴染みのない職業ですが、実際にどのようなお仕事内容なのか知る良い機会になりそうです。

楽しみですね!

 

「リコカツ」へのTwitterのみんなの反応

ドラマ「リコカツ」へのコメントを集めてみました!

放送日が近づくにつれ、撮影ロケ地の目撃情報も増えてきています。

ドラマのテーマソングが米津玄師さん担当と発表されたことも話題です。

新曲「Pale Blue」がどのような曲か、早く聴きたいですね!

米津玄師さんがEDを担当するドラマは面白いことが多いので、「リコカツ」にも期待がもてそうです。

 

まとめ

「リコカツロケ地1話雪山の場所どこ?出版社の撮影場所も紹介!」をご紹介しました。

ドラマ第1話の雪山シーンは福島県で撮影されており、その他ロケ地についても目撃情報が増えてきています。

出版社の撮影場所はまだわかりませんが、緑山スタジオなどのセットを使用する可能性も高そうです。

また、リコカツの主題歌を担当するのが米津玄師さんだということも話題です。

米津玄師さんの新曲初公開がドラマ初回放送日なので、第1話の視聴率も高くなりそうです。

新曲「Pale Blue」は初のラブソング書下ろしなんだとか。

ドラマの内容だけでなく主題歌も楽しみな「リコカツ」は、4月16日の夜10時から、毎週金曜日に放送です!お見逃しなく!