ゾッキ映画ロケ地は蒲郡のどこ?蒲郡高校の撮影場所も紹介!

ゾッキ 蒲郡 ロケ地
Pocket

映画「ゾッキ」が、2021年4月2日(金)より公開されています。

「ゾッキ」とは、古書業界で「ひとまとめ」の意味です。

たくさんの人々の日常のふれあいをひとまとめにした新感覚映画になっています。

撮影は原作を描いた大橋裕之さんの地元、愛知県蒲郡市で行われました。

市全体で映画撮影に協力しており、市内56店舗で「ゾッキグルメ」の販売も行われています。

本記事では「ゾッキ映画ロケ地は蒲郡のどこ?蒲郡高校の撮影場所も紹介!」と題し、映画「ゾッキ」の蒲郡市内ロケ地や、映画に出てくる蒲郡高校の撮影場所、気になるゾッキグルメについてもご紹介していきます。

愛知県や東海近郊にお住まいの方はぜひ、映画「ゾッキ」にちなんだ限定グルメも堪能してみてください!

 

ゾッキ映画ロケ地は蒲郡のどこ?

映画「ゾッキ」はほぼすべての撮影を愛知県蒲郡市で行っています。

市や地元のお店、民間企業なども広くタイアップしています。

映画にまつわるメニューを限定販売する「ゾッキグルメ」など、多くのイベントが行われているようです。

映画のロケ地は蒲郡市のどのあたりなのでしょうか。さっそくみていきましょう!

 

龍田浜(ゆうだはま)

蒲郡市の静かな海岸です。

浜辺にそって黒松の木が植えられています。

映画では竹原ピストルズさんと倖田來未さんが語り合うシーンで使われました。

映画の別シーンの知柄漁港にも近い場所です。

落ち着いた雰囲気の場所なので、訪れた場合にはポップな色合いの雑貨などと一緒にポロライド風に写真撮影すると映えるかもしれませんね。

 

ブルーブリッジ(形原漁港大橋)

形原漁港と春日浦をつなぐ橋です。

晴れた日には青色の欄干が美しくみえます。

サイクリングやツーリング、お散歩にも人気の場所です。

映画では主人公の藤村(松田龍平)が、自転車で橋を渡っています。

海風を感じながらのサイクリングは本当に気持ちがよさそうです。

蒲郡高校の撮影場所も紹介!

映画に出てくる高校のシーンは、県立蒲郡高校で撮影されています。

2月9日に、撮影部隊がロケを行っている様子がネット上でも話題になりました。

サッカー部、演劇部、野球部や校舎の風景などを収録していたようです。

実際の高校生にエキストラになってもらい撮影を進めていたそうです。

臨場感があってとても良い映像になっていそうですね!

 

蒲郡にはゾッキグルメもたくさん!

映画「ゾッキ」はほぼ全面的に蒲郡市で撮影されています。

市内56店舗では、映画とタイアップした特別グルメも販売されています。

たとえば、蒲郡市宝町にある「Women’s Bar With」では、原作「ゾッキA」「ゾッキB」のカラーに合わせてオレンジ・グリーンのゾッキカクテルが用意されています。

ポップな色合いが愛らしく、とてもインスタ映えしそうなメニューです。

市内にはほかにもたくさんゾッキグルメが用意されているので、映画を観た後にぜひ周遊してみてください!

 

ゾッキグルメはSNSでも話題に

さっそく映画を観たという感想も上がっています!

とても面白かったという声が多いですね。

楽しみです!

地元蒲郡市では、ゾッキグルメに舌鼓を打つ人が続出しているようです。

ゾッキグルメのカラフルな写真が美しいですね!

 

まとめ

「ゾッキ映画ロケ地は蒲郡のどこ?蒲郡高校の撮影場所も紹介!」をご紹介しました。

映画「ゾッキ」はほぼすべて蒲郡市内で撮影されており、ロケ地も公式ホームページなどで広く公開されています。

県立蒲郡高校や市内の住宅地、沿岸部、路地などで撮影されているようです。

行政と民間企業などがタイアップ広報しているのでファンにとってはロケ地巡りもしやすい環境になっています。

さらに地元店舗が映画「ゾッキ」限定グルメを販売しているので、そちらも訪れた際にはぜひ味わってみてください。

映画もそうですが、原作にもファンの多い「ゾッキ」。

竹中直人さんが原作に惚れこみ映画化に至ったというほど面白いので、そちらも要チェックです!