ドラゴン桜1ネタバレは?東大合格者は誰だった?

ドラゴン桜1 最終回 ネタバレ、合格者
Pocket

2021年4月25日(日)から、春の新ドラマ「ドラゴン桜2」が始まります。

「ドラゴン桜」といえば、過去2005年にドラマ化され、一躍社会現象となりました。

「バカとブスは東大へ行け!」という度肝を抜く言葉で引き込まれた生徒たち。

「自分も東大受験を目指そう!」とドラマを観て思った受験生もいたかもしれませんね。

以前のドラマ放送は16年前。

なので、誰がドラマ出演をしていたのか、どのような最終回だったのか。

また、東大に合格したのは誰だったのか、結末を覚えていらっしゃる方も少ないと思います。

16年前といえば、今の小・中・高校生くらいまではまだ産まれていなかった頃ですね。

そう考えると、新作「ドラゴン桜2」がドラマ化されるのはそれだけ根強い人気があったということになります。

本記事では「ドラゴン桜1最終回ネタバレは?東大合格者は誰だった?」と題し、前作のドラマ「ドラゴン桜1」についてネタバレを含むあらすじや、ドラマの最終回がどうなったか、東大合格者は誰だったのかなど結末を一気にご紹介します!

 

ドラゴン桜1作目の最終回のネタバレは?

前作ドラゴン桜のドラマ最終回の結末はどうなったのでしょうか?

簡単なあらすじとともにみていきましょう。

※以下にはドラマ「ドラゴン桜」1作目のネタバレがあります。ご注意ください。

 

あらすじ

主人公・桜木建二(阿部寛)は元ヤンの弁護士。

独学で勉強し法律事務所を経営するほどのやり手だが、ある日、つぶれかけの龍山高校の教師に任命される。

桜木の仕事は破綻寸前の高校の立て直しだった。

桜木は一計を案じる。

特別進学クラスを作り、東大合格者を輩出して知名度を高める作戦だ。

「落ちこぼれ高校生5人を東大へ合格させる。できなければ辞める」とまで宣言し、桜木は独特な授業で東大合格を目標に彼らを指導していく。

結末は3人を東大へ合格させることに成功したが、公約に掲げた東大合格者数は5人でした。

2人東大不合格となったため責任を取り桜木は教師の職を辞した。

最終回で桜木は弁護士に戻っています。

かなり偏差値の低い(設定の)高校生たちが3人も東大に合格できたという結末は、普通ならすごいことです。

放送当時には、ドラマで紹介された勉強法なども話題になっていたそうです。

 

前作「ドラゴン桜」には誰が出ていた?

前作のドラマ「ドラゴン桜」には誰が出演していたのでしょうか。

主なドラマキャストは以下の通りです。

・桜木建二(阿部寛)…弁護士。落ちこぼれ高校の教師となる。

・井野真々子(長谷川京子)…龍山高校教師

・水野直美(長澤まさみ)…龍山高校3年生。

■特進クラスの生徒

・矢島勇介(山下智久)

・奥野一郎(中尾明慶)

・緒方英喜(小池徹平)

・香坂よしの(新垣結衣)

・小林麻紀(サエコ)

阿部寛さん、長澤まさみさんは2021年の新シーズンのドラマ「ドラゴン桜2」でも継続ドラマ出演します。

その他東大を目指す特進クラスの生徒たちは、今ではかなりのビッグネームの方ばかりですね。

当時のドラマ出演をされていた写真などを見ると、有名な俳優さんたちが今よりもかなり若くて驚いてしまいます。

 

ドラゴン桜1東大合格者は誰だった?

結局東大に合格したのは、矢島勇介(山下智久)、奥野一郎(中尾明慶)、香坂よしの(新垣結衣)の3名でした。

水野直美(長澤まさみ)は、東大試験の日に母親が倒れ、2次試験を受験しませんでした(ドラマ「ドラゴン桜2」では東大卒の弁護士役で出演予定です)。

小林麻紀(サエコ)はアイドルになるという夢をもち東大を目指していましたが、不合格で翌年の東大受験を目指します。

緒方英喜(小池徹平)は、父親との確執を抱えていましたが、東大受験のために精一杯勉強し関係を修復します。

試験の結果は不合格でしたが翌年の東大受験を目指します。

 

ドラゴン桜は実話?

「ドラゴン桜」には原作漫画があります。

漫画の担当編集者が東大出身で、「東大なんて簡単に入れる」と発言したことから着想を得て制作されたそうです。

実話ではないかもしれませんが、東大卒の編集者さんの助言や勉強法などを取り入れている部分もあるかもしれません。

「ドラゴン桜」のドラマが放送された2005年当時、本屋さんにはドラゴン桜関連の受験テクニック本などが並んでいました。

ただ机にかじりつくのではない勉強スタイルは斬新。

東大受験だけでなく、高校大学受験や資格試験の参考になる部分もたくさんあると思います。

 

ドラゴン桜1作目へのみんなの反応は?

前作のドラマ「ドラゴン桜」を観た人たちから様々な感想があがっています。

有名俳優さんの16年前の若さに驚く声が多いです。

前作のドラマ「ドラゴン桜」も若手の人気俳優さんがキャスティングされていました。

2021年新シリーズ「ドラゴン桜2」にドラマ出演される若手俳優にも期待の声は大きいようです。

楽しみですね!

 

まとめ

「ドラゴン桜1最終回ネタバレは?東大合格者は誰だった?」として、ネタバレを含む内容をご紹介しました。

ドラマ「ドラゴン桜1」の最終回で主人公・桜木は弁護士に戻りますが、結果として3名の東大合格者を出すことができました。

残る生徒たちも勉強を通じてそれぞれの進むべき道を見つけたので、桜木の授業は大成功をおさめたといえるでしょう。

ドラマ「ドラゴン桜2」では、前作にも登場していた長澤まさみさんが東大卒の弁護士役として出演します。

前作のドラマ「ドラゴン桜」で高校生だった水野直美(長澤まさみ)が東大受験に失敗した後、勉強を続けて見事翌年東大に合格し、弁護士になったという設定です。

16年の月日を経て東大を目指す高校生の授業を受け持つことになった桜木は、はたしてどのような勉強法を教えてくれるのでしょうか。

そして、東大合格者を何人出すことができるのでしょうか。

令和の時代に即した斬新な勉強スタイルが楽しみです!

2021年4月25日から始まるドラマ「ドラゴン桜2」。

ぜひぜひ観てみてくださいね。

以上、ドラゴン桜1最終回ネタバレは?東大合格者は誰だった?の記事をこれで終わります。