台風10号2020たまご米軍ヨーロッパ最新進路予想!週末いつ何時頃日本接近する?

台風10号 2020 米軍 ヨーロッパ 最新 進路予想
Pocket

今回は、台風10号2020たまご米軍ヨーロッパ最新進路予想!週末いつ何時頃日本接近する?をお届けしていきます。

9月1日21時、台風たまごの熱帯低気圧が台風10号(ハイシェン)になりました。

非常に勢力が強い状態で日本に接近するおそれがあり、厳重警戒が必要であると日本気象協会が発表しました。

2年前の西日本に大きな爪痕を残した台風21号とよく似ているとのことです。

被害が大きいと予想されており、心配で気になるところですよね。

それでは早速台風10号2020たまご米軍ヨーロッパ最新進路は?週末いつ何時頃日本接近する?をみていきましょう。

 

台風10号2020たまご米軍ヨーロッパ最新進路は?

8月31日台風のたまご熱帯低気圧が発見されており、それが9月1日21時に小笠原近海で台風10号(ハイシェン)になりました。

【台風10号のたまご発生時】

  • 存在地域:小笠原近海
  • 中心気圧:1000 hPa

 

台風10号の7日(月)午後9時現在

  • 現在地:朝鮮半島を北上
  • 進路:時速35キロで西北西に向かって進行中
  • 中心気圧:980ヘクトパスカル
  • 最大風速:30m
  • 最大瞬間風速:40m

 

【台風10号の5日(土) 午前3時現在】

5日11時現在大東諸島が暴風域です!

  • 現在地:南大東島の南南東 約320km
  • 進路:時速15キロで西北西に向かって進行中
  • 中心気圧:920ヘクトパスカル
  • 最大風速:50m
  • 最大瞬間風速:70m

ウェザーニュースによると、今夜には最大瞬間風速80mで南大東島近海を通過する予想です。

勢力は衰えずにそのままで6日(日)には奄美諸島近海を通過し、6日(日)夜から7日(月)朝にかけて九州に接近。

その時も最大瞬間風速75mまでいくという予想です。

過去最強クラスといわれています。

 

【台風10号の4日(金) 午前3時現在】

  • 現在地:日本の南
  • 進路:時速15キロで西北西に向かって進行中
  • 中心気圧:950ヘクトパスカル
  • 最大風速:45m
  • 最大瞬間風速:60m

ウェザーニュースの最新情報によると、台風10はこのまま発達をし、6日(日)3時には「猛烈な」勢力となる見通しです。

さらに中心気圧を915ヘクトパスカルで南大東島近海を通過し、7日(月)3時でも「非常に強い」勢力でまったく衰えずことなく中心気圧925ヘクトパスカルで九州の西側に達する予想です。

 

【台風10号の3日(木) 午前9時現在】

  • 現在地:日本の南
  • 進路:時速20キロで西に向かって進行中
  • 中心気圧:970ヘクトパスカル
  • 最大風速:35m
  • 最大瞬間風速:50m

台風10号(ハイシェン)は、ウェザーニュースによると、現在日本の南を西よりに向かって進んでいます。

今後も勢力を伸ばし、4日(金)には「非常に強い」勢力、5日(土)には「猛烈な」勢力になる予想です。

今までの計測上においても過去最強クラスとなるそうです。

コンピュータ精度が高いとされているヨーロッパ中期予報センターや、米軍合同台風警戒センター(JTWC)での進路予想もあわせて参考にみていきましょう。

 

台風10号2020米軍の進路予想

9月4日2時45分現在

出典:JOINT TYPHOON WARNING CENTER

9月3日7時30分現在

米軍での台風9号(メイサーク)の最新進路予想をみていきましょう。

米軍の台風進路予想は米軍合同台風警戒センターJTWCが発表しています。

米軍合同台風警戒センターJTWCとは、アメリカのハワイ州にあるアメリカ国防総省の政府機関のこと。

一般の方でも見ることが可能です。

 

米軍進路予想図の見方

02/2230Zの表記はアメリカで、9月2日22:30ということで、日本とは9時間の差が生じるので、+9時間した、3日7:30が日本時間となります。

  • 黄色丸:24時間以内に発達する可能性低い
  • オレンジ色丸:24時間以内に熱帯低気圧になる可能性がある
  • 赤い色丸:24時間以内に台風になる可能性が高い
  • 赤い矢印:台風と熱帯低気圧

つまり、赤い色丸が台風たまごで、それが次に赤い矢印になったら、それは台風が発生したということになります。

 

最新の米軍進路図

9月7日

 

9月5日3時

 

9月4日3時

出典:JOINT TYPHOON WARNING CENTER

9月3日9時

米軍の最新進路予想によると5日午前から6日午前にかけ沖縄県に最接近して、6日から7日午前にかけ九州本土に最接近する予想になっています。

 

台風10号2020ヨーロッパの進路予想

9月6日出典ECMWF

9月5日出典:ECMWF

9月4日出典:ECMWF

9月3日現在出典:ECMWF

米軍と並んでよく調べられている国外の進路予想といえば、ヨーロッパ中期予報センターです。

精度が世界一を言われているコンピュータを使用しているため、参考にしている人も多いようです。

台風10号は5日から沖縄県に近づき、6日は九州に上陸するおそれがある予想です。

10日間ごとの発表なので、先の日付は少し変更してくるということはあるので、随時新しいものをみる必要がありそうです。

ヨーロッパ中期予報センターも米軍と同じで一般の方でもみることが可能です。

 

台風10号2020Windyの進路予想

パイロットや政府機関が参考にしているとされているWindyは、風の動きが細かくみれます。

➡を動かすと風の動きとして台風10号の進路がわかります。

 

台風10号2020日本気象協会の進路予想

9月7日21時50分出典:日本気象協会

7日21時現在、朝鮮半島にあって、北北西へ毎時35kmで進んでいます。中心気圧は980hPa、中心付近の最大風速は30m/sです。台風はこの後、温帯低気圧に変わり、8日9時には中国東北区に達するでしょう。

引用:日本気象協会

9月5日11時45分出典:日本気象協会

非常に強い台風第10号は、5日9時現在、南大東島の南南東約220kmにあって、北西へ毎時15kmで進んでいます。中心気圧は920hPa、中心付近の最大風速は50m/sです。この台風は、6日9時には奄美大島の南南東約160kmに達し、7日9時には対馬市の南南西約90kmに達するでしょう。

引用:日本気象協会

9月4日9時45分出典:日本気象協会

非常に強い台風第10号は、4日9時現在、日本の南にあって、西北西へ毎時15kmで進んでいます。中心気圧は925hPa、中心付近の最大風速は50m/sです。この台風は、発達しながら5日9時には南大東島の南南東約270kmに進み、北よりに進路を変えて7日9時には九州の西に達するでしょう。

引用:日本気象協会

9月3日9時現在出典:日本気象協会

日本気象協会によると、台風10号は、日本の南にいます。

中心気圧は970ヘクトパスカル。

このまま西へ時速20キロで進む予想です。

台風10号は、さらに発達しながら4日9時に南大東島東約600キロに達して、6日9時に奄美群島近海に達する予想です。

そして、8日9時九州から抜けて中国に達するとのことです。

 

台風10号2020気象庁の進路予想

出典:気象庁

出典:気象庁

勢力をまして5日9時には勢力が猛烈をなる予想です。

 

気象庁によると、4日9時現在中心気圧は925ヘクトパスカル。

最大瞬間風速は70m。

時速15キロで日本の南を西北西に進んでいる。

5日から沖縄県に接近し、そのまま北に進み、6日から奄美地域から九州に接近して、さらに上陸の恐れもあるとしています。

 

出典:気象庁

気象庁によると、台風の中心は、24時間後の4日12時には南大東島の南東約550キロ付近に到達し、中心気圧は940ヘクトパスカル。

非常に強い台風となり、最大瞬間風速は70mを予想しています。

 

台風10号2020週末いつ何時頃日本接近する?

出典ウェザーニュース

2020年は海面の温度が例年より高く、さらにその範囲が北に広がっているため、台風が進んでくる進路の海域は30度近いという今までにない暖かさになっているそうです。

一般的に台風が発達しやすい条件は、海面温度が28度程度と、かつ上空の風が弱いことだそうで、現在日本の気温はまだまだ残暑厳しく気温も高いので台風が発達するのに好条件ですよね。。

このままの発達で日本に接近すると大変な影響が予想されています。

最新予報!【日本の接近日時】

9月5日(土)9時ごろ 

  • 存在地域:南大東島の南南東
  • 強さの階級:非常に強い
  • 進路:北西に時速15キロ
  • 中心気圧:920ヘクトパスカル
  • 最大風速:50m
  • 最大瞬間風速:70m

5日11時現在大東諸島が暴風域です!

九州に接近するのは6(日)夜から7日(月)朝にかけてです。

1959年伊勢湾台風が929ヘクトパスカルで、日本に上陸しました。

気象庁は930ヘクトパスカル以下または、最大風速が50m以上であると、特別警報を出します。

今回の台風10号も十分、この条件を満たしてくるので厳重注意が必要です。

まとめ

今回は、台風10号2020たまご米軍ヨーロッパ最新進路予想!週末いつ何時頃日本接近する?についてお届けしてきました。

台風10号たまごは9月1日21時に正式に台風10号(ハイシェン)となり、現在は日本の南に位置し、さらに勢力をまして6日9時頃に沖縄奄美群島近海に最も近づき、7日には九州に接近する予想です。

進路予想として、ウェザーニュース、米軍、ヨーロッパ台風予報センター、日本気象協会、気象庁をみてきました。

今後の台風10号の動きをさらに注意してみていきます。

過去と比較してもかなりの勢力をつけて日本に近づいてくるとのことなので、早めの台風対策が必要となってきます。

それでは、台風10号2020たまご米軍ヨーロッパ最新進路予想!週末いつ何時頃日本接近する?を読んでいただきありがとうございました。