菅真理子夫人は何歳で再婚した?離婚歴バツイチの理由は?

菅官房長官 嫁 再婚 離婚歴
Pocket

今回は菅真理子夫人は何歳で再婚した?離婚歴バツイチの理由は?を紹介していきます。

第99代内閣総理大臣に管義偉官房長官が選出されましたが、新しいファーストレディーになられた妻の真理子夫人につても話題になっています。

今後は公の場にご夫婦で姿を現すことも増えると思いますがどのような女性なのでしょうか。

また、真理子夫人にはバツイチなのでは?との噂も囁かれています。

そんな気になる真理子夫人について調べてみました。

さっそく菅真理子夫人は何歳で再婚した?離婚歴バツイチの理由は?をお届けしていきます。

最後までお付き合いくださいね。

 

菅真理子夫人は何歳で再婚した?

気になる菅義偉首相と真理子夫人の出会いといつ結婚されたのか調べてみました。

菅義偉首相と真理子夫人の出会いは、小此木彦三郎議員の事務所になります。

菅義偉首相は小此木彦三郎議員の私設秘書をしており、真理子夫人は小此木彦三郎議員の事務所で家事手伝いをしていたそうです。

じつは真理子夫人の妹さんが小此木彦三郎議員の秘書をしていて、そのご縁で真理子夫人も事務所の手伝いをしていたようです。

初めて真理子夫人を見たときから、管官房長官は「この人と結婚する」と感じたそうで、真理子夫人に一目惚れだったようです。

なんだか素敵な出会いですね。

 

真理子夫人が結婚したのは何歳?

そんなお二人は菅義偉首相が30歳、真理子夫人が25歳のときに結婚されます。

菅義偉首相の友人の話によると「どっちからプロポーズしたんだよ」と話になった際、管官房長官は「お前の方だったよな」と照れながら真理子夫人に聞いたそうです。

すると真理子夫人は「あなたのほうからじゃない」と言って友人と3人で笑ったという微笑ましいエピソードがあります。

「令和おじさん」と呼ばれ、若者にかわいいなんて呼ばれていた菅義偉首相。

このエピソードを聞くと確かにかわいいって思っちゃいますね。

そんなお二人ですが、じつは真理子夫人にはバツイチという情報があります。

噂は本当なのでしょうか。

 

菅真理子夫人の離婚歴バツイチの理由は?

真理子夫人はじつは離婚歴があるようです。

正確に発表はされていませんが、以前デイリー新潮に真理子夫人が再婚という記事がでたときに、神奈川県の県政関係者が事実を認める発言をされているようです。

ですが、25歳で再婚されている真理子夫人ですから、前の結婚はあまり長く続かなかったことが想像できます。

 

菅真理子夫人の旧姓は?

こうなると、真理子夫人の前夫がどんな方なのか気になるところです。

色々調べてみましたが、一般人のため正確な情報はありませんでした。

そんな中、真理子夫人は地元の農家の男性と交際したことがあったが破局したと聞いたことがあるとの情報がありました。

この地元の農家の男性が前夫なのでしょうか。

真理子夫人は静岡県出身のため、静岡県の農家に一度嫁いだ可能性がありそうです。

前夫の情報がわからないので、離婚理由や旧姓を知ることは出来ませんでした。

年齢や地元でお嫁にいっていることを考えれば、親がきめたお見合いとかだった可能性もありそうです。

ですがその後、菅義偉首相と出会い現在まで40年もの結婚生活をされているので、今は幸せな結婚生活を送られているようですね。

 

真理子夫人の性格は?

真理子夫人の性格は控えめで、とても気遣いの出来る素敵な女性だと評判です。

旦那さんの菅義偉首相のこともしっかり支える内助の功です。

菅義偉首相の秘書には、真理子夫人は「菅義偉さんに尽くすのが趣味のようなもの」と言われるほどのようです。

菅真理子夫人の地元では真理子さんの評判は高くとても信頼されているようで、離婚歴なんか気にならないような真理子夫人の人柄が信頼されているんだと思います。

 

Twitterの反応

そんな真理子夫人についてのTwitterの反応を調べてみました。

 

>>真理子夫人の学歴や出身は?偏差値高くてヤバすぎる!

 

まとめ

今回は菅真理子夫人は何歳で再婚した?離婚歴バツイチの理由は?をお届けしてきましたがいかがだったでしょうか。

真理子夫人は離婚歴があるという可能性が高そうですが、そんなことは気にならないぐらい、しっかりと菅義偉首相を支えていることがわかりました。

また、地元での真理子夫人評判はかなり高いということですから、国民からも信頼されるファーストレディーになられる予感です。

控えめで表に立つのは好きではないという真理子夫人ですが、ご夫婦で公の場に現れてくれるのが楽しみです。

菅真理子夫人は何歳で再婚した?離婚歴バツイチの理由は?に最後までお付き合いいただきありがとうございました。