おかえりモネ原作はある?最終回結末ネタバレ!

おかえりモネ 原作
Pocket

NHKの連続テレビ小説「おかえりモネ」が、2021年5月17日(月)から放送開始しました!

宮城県気仙沼市出身の主人公・永浦百音(ながうらももね)が、気象予報士という仕事を知り、夢を追いかけ活躍していくドラマです。

主人公を演じるのは清原果耶さん。

清原果耶さんといえば、これまでにもNHK連続テレビ小説の「あさが来た」「なつぞら」などに出演されています。

今回の「おかえりモネ」では、主人公・永浦百音が2014年の春、宮城県気仙沼市沖の実家に住んでいたところから物語が始まります。

いったいどんな内容なのでしょうか。

本記事は「おかえりモネ原作はある?最終回結末ネタバレ!」と題し、「おかえりモネ」には原作があるのか、最終回はどうなるか、ネタバレを含む結末予想をご紹介します!

 

おかえりモネ原作はある?

ドラマ「おかえりモネ」に原作はあるのでしょうか。

調べてみたところ、完全オリジナルで撮影されるようです。

脚本を書かれているのは安達奈緒子さん。

『きのう何食べた?』や、『透明なゆりかご』など、人気作品を多数生み出している脚本家さんです。

ほっこり落ち着くドラマを書かれる方なので、「おかえりモネ」にもかなり期待がもてそうですね!

 

おかえりモネの「モネ」とは?

新しい連続テレビ小説ドラマ「おかえりモネ」。

タイトルだけ見ると不思議な印象を受けます。

「モネ」といえば画家を連想してしまいますが、どうやら主人公の名前「百音(ももね)」からつけられたようです。

「おかえり」とあるので、いずれは故郷の気仙沼市に戻るのかもしれません。

ドラマの内容を調べてみると、主人公は2019年には一人前の天気予報士として東京で働いている設定です。

その後に帰郷し、さらに故郷で活躍するみたいですね。

 

主なキャスト陣

「おかえりモネ」に出演しているキャストを一部ご紹介します。

・永浦百音(清原果耶):主人公。宮城県気仙沼市出身で、高校を卒業してからはひとり暮らしをし、登米市の森林組合で働く。その後、気象予報士を目指す。

・永浦亜哉子(鈴木京香):百音の母。牡蠣の養殖を手伝いながら民宿の再開を目指している。

・永浦耕治(内野聖陽):主人公の父。家業を継がずに地銀に勤める。登米で暮らす百音のことが心配でしかたない。

・朝岡覚(西島秀俊):登米を訪れた際、主人公に気象予報士の素晴らしさを教える。東京の民間気象予報会社で勤務している。

 

上記以外にもたくさんの俳優さんが出演されています。

気仙沼、登米、東京と3つの地域で様々な人たちと主人公は関わっていくようです。

 

おかえりモネ最終回結末ネタバレ!

「おかえりモネ」の最終回はどのような展開になるのでしょうか。

あらすじとともに簡単にみていきましょう。

主人公の百音は気仙沼市で暮らしていました。

高校卒業後、大学受験に失敗した百音は登米へひとり移り住みます。

山岳ガイドの簡単な仕事をしつつ、これからの人生について悩んでいた百音。

そんな彼女の前に天気予報士・朝岡覚(西島秀俊)がやってくるのです。

 

おかえりモネの最終回はどうなる?

朝岡覚によって天気予報士になるという夢ができた百音は猛勉強を始めます。

合格率数パーセントの難関試験にくじけそうになりながらも、ついに百音は試験に合格するのです。

天気予報士として働くことになった百音は、東京で仕事の奥深さを学んでいきます。

様々な先輩と関わりながら日々を過ごしていたとき、大型台風が日本へやってきます。

あらゆる都市に甚大な被害を与えた台風を見て、百音は自分の知識が故郷の役に立つのではないかと気仙沼へ帰ることにします。

公開されているあらすじはここまでですが、帰郷した百音は気象予報士としての知識で故郷を襲う災害を防ぐ役割を果たすのではないでしょうか。

最終回では、ひょっとすると会社を立ち上げたり、他の人へ天気のノウハウを教える側に回っているかもしれませんね。

 

朝ドラはみんな見てる!

2021年5月17日(月)から始まる「おかえりモネ」。

楽しみにしている人も多いみたいです。

朝の支度をする短い時間でさくっと見られるので、視聴率も高そうです。

西島秀俊さんや永瀬廉さん、坂口健太郎さんなど、出演者も豪華です。

ドラマ『透明なゆりかご』を観た人からは、主人公の清原果耶さんに対する期待の声も大きいです。

 

まとめ

「おかえりモネ原作はある?最終回結末ネタバレ!」について、「おかえりモネ」の原作や、ネタバレを含むあらすじ、最終回の予想などをご紹介しました。

次のNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」に原作はなく、完全オリジナル脚本で作成されています。

脚本を書かれているのは安達奈緒子さんで、『きのう何食べた?』などの人気ドラマに携わられています。

ドラマ「おかえりモネ」は主人公が故郷の気仙沼市から登米へ出て、それから気象予報士になる物語です。

気仙沼、登米、東京の3地域でそれぞれ様々な人々と交流し、成長する様子が描かれます。

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」は2021年5月17日(月)から放送予定です。

毎日放送されるので、初回放送をお見逃しなく!