鬼滅の刃映画年齢制限デマあったも子供たちの感想は?公開いつまで?

鬼滅の刃 映画 上映 いつまで 年齢制限 デマ 感想
Pocket

今回は、鬼滅の刃映画年齢制限デマあったも子供たちの感想は?公開いつまで?をお届けしていきます!

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編は2020年10月16日に劇場で公開され話題となりました!

鬼滅の刃人気は、いつまで続くのでしょうか?

興行収入、動員数が歴代記録を更新して人気が続きそうです。

公開前には、年齢制限があり12歳以下の子供は見ていけない、3歳はどうなんだろう、などの年齢制限の噂が広がりました!

なぜ?年齢制限の噂が広まったのでしょうか?

鬼滅の刃映画年齢制限デマあったも子供たちの感想は?公開いつまで?を今回は調査していきたいと思います!

ぜひ、最後までお楽しみください!

 

鬼滅の刃映画公開いつまで?

2020年10月16日現在、上映期間は決まっていないそうです。

まだまだ上映されそうですね!

上映期間ですが、通常の映画作品であれば1ヵ月ほど上映されます。

人気の映画、話題の映画になると、大体2~3か月は上映されるみたいですね!

ちなみに、「アナと雪の女王」が公開期間6ヶ月、「千と千尋の神隠し」が約1年公開されていました!

鬼滅の刃は、超話題作ですので公開期間記録の更新もありそうです!

公開記録更新にも注目していきたいですね!

当分の間、上映されることでしょう!

 

鬼滅の刃映画年齢制限ある?なし?デマだった?

子供たちにも人気があり、コミックやアニメでもみていることでしょう!

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編の映画公開にあたり年齢制限があると言われています。

なぜ、年齢制限があるという噂が広まったのでしょうか?

年齢制限があるのかないのか、それではみていきましょう!

 

年齢制限噂はなぜ広まったのか2つの理由を説明!

年齢制限があるという噂が広まった理由はいくつかあるようです。

  • 「PG12指定」を「R12指定」と勘違いして広まった
  • 鬼滅の刃では、首を切るシーンなどもあり子供の教育に影響がでると考えられた

まず、一つ目が「PG12」を「R12」と間違えて拡散していったと思われます。

Twitter上では、「R12指定みたいだよ」と年齢制限の言葉が飛び交っていました。

そのツイートをみた人は、年齢制限があるのかなと勘違いして広がっていったのではないかと思います!

「PG12」については、下記で説明します。

そして、二つ目が鬼滅の刃では惨殺シーンなどの表現が含まれているからと意見があるようです。

たしかに、鬼が人間を襲うシーンや首を切るとシーンがでできます。

このようなシーン親からみれば、子供に悪い影響ががででてしまうのでは?年齢制限があったほうがいいのではと考えますよね!

今は、SNSが発達して色々な人たちの口コミが見れる時代となっています。

情報が拡散して、間違った情報などもたくさん溢れていることもあるのでその点は、注意していきたいものですね!

お子さんに対する、親の指導や助言をしっかりするということは大切ですね!

 

鬼滅の刃映画年齢制限公式サイトは?

鬼滅の刃公式サイトを見てみますと、レイティングは「PG12]と記載されています。

「PG12」とは?

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編のレイティングは「PG12」区分となります。

年齢関係なくどなたでもご覧いただけます。

12歳未満の方は、保護者の助言や・指導が必要です。

是非、多くの方にご覧いただければ幸いです。

引用公式サイト:https://kimetsu.com/anime/news/?id=55333

レイティングとは、映論(映画論理機構)が定めたマークのことで、日本では映論が定めた4種類のマーク分類があり、マークによっては年齢制限が映画鑑賞できない、または入場に規制があるということです。

なので、映画鑑賞をするには問題ないということになりますね!

年齢制限はありませんということですね!

 

鬼滅の刃映画子供たちの感想を紹介!

親子でも存分楽しまれている印象ですね♪

年齢制限があるというわけではありませんでした♪

 

まとめ

鬼滅の刃映画公開終了いつまで?年齢制限デマあったも子供達の感想は?をお届けしました!

年齢制限についてはいかがだったでしょうか?

鬼滅の刃、人気があるのはストーリーや内容が良いことにもあるのではないでしょうか?

子供、大人も心に残るシーンや言葉がたくさん鬼滅の刃にでてきます。

子供のころに、心に響く言葉があれば大人になっても忘れないですよね!

この機会に、親子で鬼滅の刃を楽しんでみてください!

鬼滅の刃映画公開終了いつまで?年齢制限デマあったも子供たちの感想は?に最後までお付き合いくださいましてありがとうございました。