半沢直樹2の1話ロケ地電脳ビルどこ?東京セントラルの撮影場所も!

半沢直樹2 ロケ地 電脳
Pocket

今回は、半沢直樹2の1話ロケ地電脳ビルどこ?東京セントラルの撮影場所も!をお届けしていきます。

TBS日曜劇場にあの「半沢直樹」が帰ってきました!

前作から7年の時が過ぎているのに、半沢熱は冷めていません!

1話からロケ地ででている『電脳雑技集団』のビルがどこなのか疑問に思ってる人が沢山いるようです。

それでは、半沢直樹2の1話ロケ地電脳ビルどこ?東京セントラルの撮影場所も!をみていきましょう。

ぜひ最後までご覧ください!

 

半沢直樹2の1話ロケ地電脳ビルどこ?

1話からかなり気になるロケ地が出てきました。

『電脳雑技集団』という会社名にも強烈な印象を受けましたが、それよりもかなり高層ビルで大きなガラス窓。

やはりTwitterでもすぐに話題になってていました。

 

住友不動産六本木グランドタワー

住所:東京都港区六本木三丁目2番1号

2016年秋に完成したビルで、東京メトロ南北線の六本木一丁目駅と直結しています。

オフィス棟、レジデンス棟、オフィス棟の3つの棟があり半沢直樹のロケ地として出てくるのは、最も大きな棟です。

総事業費は約1260億円。

かつてこの地には「常陸下館藩石川家屋敷跡」があったため、建設にあたっては埋蔵文化財の調査も行われていたそうですよ!

なんかビジネスがうまくいきそうな土地柄ですよね。

地上43階、地下2階、高さ230m。

2020年現在、DMMグループやテレビ東京が入居しています。

オフィスの賃貸価格を調べてみたのですが、応相談でネット上には記載はどこにもありませんでした。

 

電脳ロケ地に対するツイッターの反応は?

ガラス張りの特徴的なつくりのためか、すぐにわかったという方も多くいたようです。

確かに他局の入居ビルをよくまあ選択したな~と思ってしまいますね。

それほど、電脳雑技集団にぴったりのロケ地だったのでしょう。

半沢直樹2の1話ロケ地東京セントラルの撮影場所も!

半沢直樹が出向を命ぜられた『東京セントラル証券』は、東京中央銀行の子会社となります。

1話では、半沢直樹の背景にうつる株価会社名に「下町ロケット」などが映し出され、凝った美術演出に池井戸潤ファンは興奮でした。

 

内藤証券 東京支店

住所:東京都中央区日本橋兜町13−2

内装はセットかもわかりませんが、外観は『内藤証券』です。

2019年12月に撮影が行われていたようです。

看板も見事に変えられ、ポスターも東京セントラル証券のものが一枚ずつ貼られています。

前半部分でなんどか出てくるかもしれませんね!

>>半沢直樹2ロケ地井川遥が女将の居酒屋どこ?銀行階段の撮影場所も!

 

まとめ

今回は、半沢直樹2の1話ロケ地電脳ビルどこ?東京セントラルの撮影場所も!をお届けしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

半沢直樹2の1話ロケ地電脳のビルは、住友不動産六本木グランドタワーでした。

2016年に完成したばかりで、外観も近代的で全面ガラス張りの高級感漂うビルです。

他局テレビ東京が入居していますが、それでも半沢直樹2のロケ地に使ったということは、電脳にぴったりの場所だったに違いありませんね。

1500億を買収で出してしまえるのですから、すごい会社なんだなと想像してます。

お金の臭いがプンプンします。笑

ロケ地を実際に知ってみることで、身近に感じることもできて、ドラマの楽しさが倍増してくること間違いなしですね。

それでは、半沢直樹2の1話ロケ地電脳ビルどこ?東京セントラルの撮影場所も!を読んでいただきありがとうございました。