ドラゴン桜2最終回ネタバレ!黒幕米山の真相は桜木への復讐でない?

ドラコン桜2 最終回 ネタバレ
Pocket


2021年4月25日(日)夜9時から、TBS系新ドラマ「ドラゴン桜2」が始まります!

「ドラゴン桜」といえば、15年前にテレビ放送されて「落ちこぼれ高校生が東大合格を目指すドラマ」として話題となりました。

実用的で斬新な勉強法や、はらはらドキドキする高校生たちのやり取りが魅力的なドラマです。

元となっている原作は漫画雑誌「モーニング」で連載されましたが、すでに完結しています。

なので今回は原作漫画のネタバレが主になりますが、ドラマでどうなるのかは観てのお楽しみ、ですね。

そこで本記事では「ドラゴン桜2最終回ネタバレ!黒幕米山の真相は桜木への復習?」と題し、「ドラゴン桜2」の最終回はどうなるのか、原作漫画の展開をもとにネタバレを含む内容をご紹介いたします。

ドラマの内容をいちはやく知りたいという方はぜひチェックしてみてください!

知りたくない方はネタバレも含まれていますので要注意!

 

ドラゴン桜2最終回ネタバレ!

ドラマ「ドラゴン桜2」の元となる原作は、雑誌「モーニング」で3月に完結しています。

では漫画の最終回はどうなっているのでしょうか。

さっそくみていきましょう!

※以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

「ドラゴン桜2原作のあらすじ」

舞台は「ドラゴン桜1」の10年後。

ふたたび落ちぶれた龍山高校を立て直すため、桜木は教師となり高校を訪れ、「東大専科」クラスを作ります。

はじめはなかなか「東大専科」に入りたい生徒はいませんでしたが、天野晃一郎や早瀬菜緒がクラスへやってきて、桜木は勉強を教えていきます……。

ドラマ「ドラゴン桜2」で桜木が訪れるのは「龍海学園」なので、原作漫画とはじゃっかん設定が異なる部分もあるようです。

ドラマでの生徒役も原作漫画では出てこない方がいますよ。

投資ファンドの謎の人物「K」とは?

原作の「ドラゴン桜2」には、龍山高校を買収しようとする謎の投資ファンドの人物「K」が出てきます。

桜木はKに直接会いに行きます。

経営を立て直すために巨額の融資をわずかな金利で都合してくれるよう頼むためです。

「東大への合格者は13人、その後は年に3人ずつ増やしていく。もしできない場合には教師を辞任する」という条件つきで、謎の人物「K」は了承しました。

ドラマで「K」を誰が演じるのかは不明です。

かなり食わせ者の役になりそうですね。

この部分はネタバレとはいきませんが、ドラマの内容を面白くする謎の人物「K」の存在は気になるところではあります。

 

ドラゴン桜2最終回黒幕米山の真相は桜木への復讐ではない?

なんと、ドラマ『ドラゴン桜2』は初回放送から「え??」となるシーンが続出!

桜木建二をおとしめようとする人物が何人も現れます。

「まさか黒幕はあの人なの?」と『ドラゴン桜2』のドラマ1話を観た視聴者はきっと驚いたはず。

黒幕候補は今のところ3人。

1.元教え子の米山圭太

2.米山と手を組んでいるIT社長の坂本智之

3.1話終了間際の思いっきり黒幕顔をしていた瀬戸輝

2年前に起こった事件がカギとなりそうですが、一時桜木健二は行方不明となり、生活にも困る状態にまで陥っていました。

その原因を作ったのは、事件のことをマスコミに流した米山圭太の母親ではないか、と周囲は疑っていました。

ところが、どうやらそれは違うようで。

桜木建二に恨みを持つ別の誰かがいることをにおわせるシーンが1話ですでに何度も出てきていました。

サスペンス好きの私としては、勝手な推理ですが。

IT社長の坂本智之と理事長の龍野久美子が何やら手を組んで裏で動いているのではないか、と推測します。

それは原作漫画を読んでのことなので実際ドラマではどうなるか全くわかりませんが。

なので、これはネタバレではないのでご安心ください。

ドラマ『ドラゴン桜2』では原作漫画と当たるスポットが全く違うので推測も大きく外れるかもしれません。

そもそも日曜劇場の21時枠はドラマ『半沢直樹』の影響を色濃く受けている気がします。

『ドラゴン桜2』の初回は龍野久美子からのドアップからはじまり、なんだか半沢直樹を思わせるシーンも多々ありました。

主役が阿部寛さんとなると、どうしても『下町ロケット』のドラマが思い出されます。

ドラゴン桜流勉強法のテイストが強かったドラマ『ドラゴン桜1』とは違い、黒幕の存在や社会問題を取り入れた人間模様を描く『ドラゴン桜2』のドラマにはやはり謎解きの要素が強い気がします。

それだけに『ドラゴン桜2』が毎週楽しみになるのは間違いないですね。

さあ一体黒幕はだれなのでしょう?

ドラマ「ドラゴン桜2」の結末を予想!

ネタバレになってしまいますが、原作漫画では、東大の二次試験を受験した生徒は現役と浪人、あわせて20名でした。

ドラマ「ドラゴン桜2」でも活躍する小杉麻里(志田彩良)、早瀬菜緒(南沙良)は文科一類を受験しています。

藤井遼(鈴鹿央土)は文科二類、天野晃一郎(加藤清史郎)は理科二類で受験したようです。

難関といわれる東大の二次試験に、これだけの人数がたどりつけた結果はすごいですね!

「ドラゴン桜2」のドラマでは原作にはない役柄もあり、実際にどれだけの人数が受験するかはわかりません。

ですがおそらくはドラマでも小杉麻里と天野晃一郎は受験するでしょう。

また、「ドラゴン桜2」では5人の合格者を出す必要があるので少なくともあと3人は必ず受験するはずです。

ただ、「ドラゴン桜2」は「ドラゴン桜1」のドラマに比べると勉強法を重視して作られた感じではありません。

現代の学校生活でありがちな悩みや環境をどう乗り越えていくか。

また大人の裏のドロドロした部分が見え隠れする現代社会の問題にどう向き合うか、という要素が前面に出されたドラマになっています。

なので「ドラゴン桜2」のドラマでは東大2次試験に進んだ生徒は20人もいないのではないでしょうか。

その辺りはドラマを観ないと分からないのでネタバレはこの辺にして楽しみの一つとして謎のままでいましょう。

 

ネタバレ!ドラマドラゴン桜2東大合格者は?

こちらも完全なネタバレですが、原作漫画では東大合格者は13人でした。

投資ファンドの謎の人物「K」との約束をなんとか果たせた形になります。

桜木はかなり自分に都合のいい条件を提示していたので、融資の話を断られるかと思いきや、謎の人物・Kは「中学校設立のために13億円を払う」とさえ言ってきます。

桜木がすばらしい結果を残したことで、積極的に融資を受けられたということですね。

最後は、東大へ合格した早瀬菜緒と天野晃一郎に桜木が「東大なんて簡単だろ?」とお祝いをします。

やってやれないことはないと実証した展開ですっきりとした終幕です。

ではドラマ「ドラゴン桜2」での結果はどうなるのでしょうか。

原作漫画とは違うだけに、結末もどうなるかは全く分かりません。

きっと早瀬菜緒と天野晃一郎は受かると推測しますが。

もしかしたら1話で桜木建二にボコボコに返り討ちにあい、2話で桜木建二の子分となった小橋(西山潤)と岩井(西垣匠)がもしかして東大受験し、受かっちゃうかも!?

さて、ネタバレはこの辺にして、ぜひ「ドラゴン桜2」のドラマ版を毎週楽しみにして観ていくことにしましょう!

 

ドラマドラゴン桜2への期待は高い!

ドラマドラゴン桜2を楽しみにしている人は多いです。

ネットでも待ちきれないという声が多いですね。

今のうちに以前のドラゴン桜を視聴するのもおすすめです。

正直、ネタバレしてても面白い!

ドラゴン桜1に出ていた有名人の若いころの演技を観るのも最高に面白いです。

以前のドラマ「ドラゴン桜」では、長澤まさみさんは生徒役として出演していましたよ。

若いです!

「ドラゴン桜1」のドラマは「ドラゴン桜2」のドラマとまた違い、ひと昔前の勉強法とはなります。

ですが、キャストも今では超人気俳優として活躍している方たちばかり。

ドラマ「ドラゴン桜1」では16年前のとっても若い生徒役の俳優さんたちをみることができます。

なので、ぜひ「ドラゴン桜1」のドラマの方もparabiで観てほしいですね。

きっとネタバレしてても面白い!と思うはずです。

 

まとめ

「ドラゴン桜2最終回ネタバレ!黒幕米山の真相は桜木への復讐でない?」について、ネタバレを含む内容をご紹介しました。

「ドラゴン桜2」の原作漫画は完結しており、思い切ってネタバレしちゃいましたが、原作では東大へ13人が合格しました。

結果、桜木は経営が破綻しそうだった高校の立て直しに成功し、投資ファンドの「K」という人物から巨額の融資を受けることができました。

ドラマ「ドラゴン桜2」の最終回も、原作と多少の違いはあるかもしれませんが、ほぼ似た展開になると思われます。

短期間で東大合格者を大量に出すためには、どのような勉強法が必要なのか――それはドラマ「ドラゴン桜2」で詳細に紹介されると思いますが、そんな方法があるのなら試してみたいですね!

ますますドラマが楽しみになってきました。

ネタバレしててもドラマ「ドラゴン桜2」はきっと面白いはず!

ドラマ「ドラゴン桜2」初回放送は25分拡大なので、お見逃しなく……!